面積効果


色の面積によっても見え方が違ってきます。
大きな面積は、小さな面積の同一色より明るく鮮やかに見えます。小さな面積の方が多少黒ずんで見えます。
面積効果

しかし、明度が低い等暗く感じる色は、面積が大きいほど暗く感じます。
このように面積の大きさによって、明度や彩度が違って見えることを「面積効果」といいます。

▽参考文献
タイトル色彩(改訂版) (著)大井義雄,川崎秀昭


次のページは明度対比
次のページは彩度対比
次のページは色相対比
次のページは色陰現象
次のページは面積効果
次のページはハーマングリッド効果

次のページは色源トップへ戻る
次のページは好きを仕事にしたいから

(C)色彩工房 色源