色の三原色
CMY(K)


色彩学でいうと、Kを除いて「色料の三原色」といいます。
色情報を数値化したカラーモデルの一つで、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yello)に黒(BlacK)を加えた色で、頭文字をとってこう呼ばれています。

カラー印刷に使われる色であり、プロセスカラーとも呼ばれます。CMYは「色料の三原色」と呼ばれていると最初にいいましたが、この3色を組み合わせだけでは、黒を美しく表現できないので、CMY にBlacKを加えてCMYKとして使うのが一般的です。
(CMYKは減法混色であり、色を加えれば加えるほど黒くなるのが特徴 です。)

CMYKの色再現範囲はRGBより狭いので、色を変換すると多少なりとも色が変わってしまいます(鮮やかさがなくなる) 。
CMY(K)

▽参考文献
タイトルDTP&印刷スーパーしくみ事典 (発)ワークスコーポレーション
タイトル色彩検定2級 (著)梶尾清美


次のページはRGB
次のページはCMY(K)
次のページはHSBカラーモデル
次のページはLabカラーモデル
次のページはXYZ表色系

次のページは色源トップへ戻る
次のページは好きを仕事にしたいから

(C)色彩工房 色源