光の三原色
RGB


色彩学でいうと、「色光の三原色」といいます。
Red,Green,Blueの頭文字をとってこう呼ばれています。

色情報を数値化したカラーモデルの一つで、赤(Red)、緑(Green)、 青(Blue)によって色を表現します。
コンピュータ周辺機器ではモニタ、スキャナ、デジタルカメラに使用されています。

再現色をRGBの3つの値で表現し、これら一つ一つの値を変更して様々な色を作ることができます。(これは加法混色であり、色を加えれば加えるほど明るくなるのが特徴です)。

R,G,Bそれぞれ100%の3色を加えた色は白、それぞれ0%の3色では黒色になります。モニタはこの方式であり、R,G,Bの信号を変化させてカラーを表現しています。
RGBの図

▽参考文献
タイトルDTP&印刷スーパーしくみ事典 (発)ワークスコーポレーション
タイトル色彩検定2級 (著)梶尾清美


次のページはRGB
次のページはCMY(K)
次のページはHSBカラーモデル
次のページはLabカラーモデル
次のページはXYZ表色系

次のページは色源トップへ戻る
次のページは好きを仕事にしたいから

(C)色彩工房 色源