目の仕組み


目は外から入ってくる光情報を水晶体と呼ばれるレンズで、焦点を調整して、網膜にその見ているものを出していると言われています。
眼球の図

暗い場所では、瞳孔が開き、多くの光を取り入れます。 逆に明るい場所では、瞳孔が閉じ、光の量を少なくします。
また、目は光の量だけではなく、距離も調整しています。

距離の調節は光の量の調節と違い、一瞬のことなので、実感できませんが、遠くを見たり、近くを見たりと、見ているもの距離を変えるときは水晶体の周りの筋肉を使って、水晶体の形を調整しているのです。


▽参考文献
タイトル色彩(改訂版) (著)大井義雄,川崎秀昭


次のページは目の仕組み
次のページは光を感じる
次のページは色を見るとは
次のページはプルキンエ現象


次のページは色源トップへ戻る
次のページは好きを仕事にしたいから

(C)色彩工房 色源