光を感じるとは


光とは波長の異なる光(電磁波)の集合体です。
光は角膜から入り、水晶体・ガラス体を通って網膜に当たります。

網膜は平均0.3mmの厚さの透明な膜で、10層からなり、この中にある視細胞が光を感じるのです。
人間の目に光が入ったとき、角膜は波長が313nm以下と1500nm以上の光を、水晶体は380nm以下の一部の光と780nm以上の光を吸収してしまいます。

そのため、人間には380nm〜780nmの光しか見えないのです。この幅の光のことを 【可視光】と呼びます。
そして、紫色の範囲である380nm以下の光を【紫外線】、赤色の範囲である780nm以上の光を【赤外線】と呼びます。

その範囲『外』だから、○外線なんです。漢字を見るとなんとなく理解できますね。
可視光の図

まとめると、
・380nm-780nmは可視光
・380nm以下は紫外線
・780nm以上は赤外線

となります。
余談ですが、この光波長を見つけたのはあのニュートンです。

彼は光をプリズムを通すことによって、光の中には赤・橙・黄・緑・青・藍・青紫などの色が含まれていることを発見しました。
これらの色がすべて合わさると白、つまり自然光になります。

▽参考文献
タイトル色彩(改訂版) (著)大井義雄,川崎秀昭


次のページは目の仕組み
次のページは光を感じるとは
次のページは色を見るとは
次のページはプルキンエ現象


次のページは色源トップへ戻る
次のページは好きを仕事にしたいから

(C)色彩工房 色源