色彩心理
色と味覚


身の回りの食品の色を連想すると、青緑、青、紫などの色の食べ物は少ないと と思います。
味を感じる色のイメージ図

色は味覚にも影響していて、美味しく感じる色、まずく感じる色とがあります。

▽参考文献
タイトル調和配色ブック (著)千々岩英彰
タイトル「色彩と心理」おもしろ事典 (著)松岡 武
タイトル色彩検定2級 (著)梶尾清美


次のページは暖色系と寒色系
次のページは進出色と後退色
次のページは重量感
次のページは配色と安定感
次のページは色と味覚


次のページは色源トップへ戻る
次のページは好きを仕事にしたいから

(C)色彩工房 色源