色彩心理
暖色系と寒色系


読んで字のごとくなのですが、暖かく感じる色と寒く感じる色です。

『暖色』とは赤・橙・黄色系統の熱さを感じる色のことを言います。
『寒色』とは青緑、青、青紫のような冷たさ、寒さを感じる色のことをいいます。
暖色と寒色のイメージ図

その間を『中性色』と言い、緑や紫系統の温度感をあまり感じない中間の性質を持っています。

暖色は食欲増進、時間を長く感じさせる。
寒色は食欲減退、時間を短く感じさせるというような効果があります。

▽参考文献
タイトル調和配色ブック (著)千々岩英彰
タイトル「色彩と心理」おもしろ事典 (著)松岡 武
タイトル色彩検定2級 (著)梶尾清美


次のページは暖色系と寒色系
次のページは進出色と後退色
次のページは重量感
次のページは配色と安定感
次のページは色と味覚


次のページは色源トップへ戻る
次のページは好きを仕事にしたいから

(C)色彩工房 色源